平均年収向上委員会
一家の大黒柱なら平均年収向上は誰もが目指しているはずです。年収向上方法を考察していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
⇒平均年収向上委員会TOPページへ


ブログランキング・にほんブログ村へ banner_12.gif
ビジネスブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログ王

≪私を登録 by BlogPeople≫ SEO対策:年収
業種別平均年収
業種別平均年収を表にまとめてみた。

業種別平均年収

業種別平均年収グラフ
※クリック拡大

堂々の一位は放送業界。
フジテレビや日本テレビ、TBSなど首都圏のテレビ局の
平均年収はすごい。
軒並み1500万円を超える年収となっている。
芸能人と仕事ができる。親しくなれそうなどと人気がある訳が分かる。

しかし放送業界は過酷な業務としても有名。

取材など、深夜問わず行われたり、編集作業は徹夜業務。
自宅になかなか帰れないなど「自分の時間」はなかなか取れない
かもしれません。

華やかなイメージだけでは高額な報酬はもらえないと言うことですね。

二位の海運業界はは日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社の
ほぼ独占された体制が続いている。

最近では中国関連の貨物需要が増加しており好調。
平均年収は1000万円を超える。
非常に安定した収益を上げていることから安定性では抜群であろう。

三位の商社も1000万円近い平均年収。
海外勤務の際にはリスク手当、単身赴任の場合には単身手当等、
様々な諸手当が支給されるようです。

代表的な商社は、三菱商事、三井物産、住友商事が挙げられる。

商社は「総合商社」と「専門商社」の2種に分けられる。
「総合商社」は、メーカーから仕入れた原材料や製品をユーザーや小売業に売り渡す。
「専門商社」は、卸売業者が発展した企業や、メーカーの販売部門が分離して
始まった企業が多い。
扱う商品は総合商社と同じだが、特化した専門領域を持つ。

各社ともに中国・インドの高成長などで、機械、鉄鋼、金属関連の売上が伸びている。

最下位は介護サービス。
介護業界の年収は低いとされているが、このように見てみると、
それが非常に良く分かる。
また、業務もシフトで入ったり力仕事が多く大変な仕事である。


皆さんはどの業種で、自分はどのくらいの位置か少しでも把握できればと思います。

《平均年収その他》
サラリーマンの平均年収

年齢別平均年収

企業規模別平均年収

男女別平均年収階層分布

⇒平均年収向上委員会TOPページへ

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ banner_12.gif
ビジネスブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログ王

≪私を登録 by BlogPeople≫ SEO対策:年収

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。